全紙用画板作成

N教室の次のテーマが風景で、何と全紙で描くことになりました。
これまで描いた最大がF10で、全紙は未体験の世界です。
とりあえず水彩紙を固定する画板が必要になってきました。
持ち運びに便利なように、軽くてコンパクトなものはないかと
考えていたら、同じ教室のIさんがそれにぴったりのものを
自作されていました。
材料、製作方法、作成上の注意点など詳しく教えていただき、
早速チャレンジしました。
材料は、腰があって板状の素材としては非常に軽いプラスチック
段ボールを使用します。
色はナチュラル、ブルー、グリーン、ブラックなどがありますが
、汚れが目立たないようにブラックにしました。
厚さ5mmで1mX1mのものを手に入れました。

CIMG2528 (500x375)
w80cmxH60cm   片側に、折りたたんだときの開き止めを付けました。
w80cmの真ん中で二つ折りできるように、真ん中の裏側の表皮だけをカットします。

CIMG2529 (500x375)
問題は二つ折りしたものを広げた時に、上から水彩紙を載せてペンで描いても
たわまないで一枚の板状のものとして維持できるかどうかです。
薄い板で骨を作り、裏側にマジックテープで3枚固定し、強度を持たせることにしました。
マジックテープは業務用の粘着強度、接合強度の強いものを通販で買いました。

CIMG2530 (500x375)
収納は、二つ折りにして開き止めでロックします。
取り外した骨は、縦に止めて収納しておきます。
仕上がりは、総重量700g。
何とかイメージに近いものができました。
ただまだ実際に使っていないので、使ってみて改良点が出てきたら手直しします。

CIMG2531 (500x375)
材料が余ったので、F4とF6用の画板もつくりました。

ここのところブログを更新しないで、上記のようなことをしておりました。

スポンサーサイト
プロフィール

shinji

Author:shinji
FC2ブログへようこそ!
大自然、人々の暮らしの美と感動をペン先に込めて…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR