スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

函館 元町カトリック教会

光と影の実験をするために、昨年訪れた
函館の線描があったので色塗りをしました。
函館の元町カトリック教会の裏から、函館の
街を見下ろす風景です。
少し陽が傾いた頃の、光と影の実験です。
最初に墨で明暗を描き分けて、そのあと色を
つけてゆきました。

2014年11月函館ーA

これでもいいのですが、手前の教会と市街地との明暗を
もう少しつけたいと思い、影の部分に紫がかった青
を重ねました。

ー32014年11月函館 (600x452)
2014年11月函館 元町カトリック教会   F6

少し良くなったように思いますが・・・元の方が良かったかな。
実験ですから。
スポンサーサイト

N教室 ABクラス合同講評会

昨日は、今年最後のN教室AB合同の講評会でした。
延々5時間の長丁場でしたが、緊張感あふれる中であっという間に
時間が過ぎました。
非常に力作が多く、本当に得るものが多かったように思います。
今回は小石川植物園を描くというテーマでしたが、みなさん本当に
樹を描くのがうまいと感心しました。
初めての全紙挑戦でしたが、大きさはあまり気になりませんでした。
ただ街中でこれを広げて描くのは、ちょっと大変かな。
私の絵に対する先生の講評は、「線画と光と影(明暗法)の融合に
チャレンジしている実験作」でした。
まさしくその通りで、私は線画の中に光と影をどのように表現するか
を追い続けています。
今回は皆さんからご指摘があったように、色に頼りすぎたため線が
死んでしまいました。影の表現も今一つ工夫が足りなかったように
思います。
難しいテーマですが、実験を繰り返してゆこうと思っています。

小石川ー2 (600x435)
2014年11月 小石川植物園   全紙
つるつるの木肌のシマサルスベリが面白く、サルスベリを囲む森の
空間を描きました。

小石川植物園-3

ようやく小石川植物園の線描が完成しました。
ご覧のとおり、ほとんどが木と葉っぱと枯草です。
どうやって色塗りするか、頭の整理がつきません。
まだ時間があるので、ゆっくり考えます。

IMGP0598 (600x438)

小石川植物園-2

今日は、2回目の小石川植物園での線描です。
少し曇っていて肌寒い感じです。
AクラスのMさん、BクラスのYさんが来ておられました。
お二人ともほとんど完成に近い感じで、力強くしかも繊細な
線が画面いっぱいに広がっていて、圧倒されました。
蚊は前よりも少ないように思いました。
ただ、地面から冷気が上がってきて下半身が冷え切ってしまいました。
ヒートテックを穿いてくるべきでした。
16時まで何とか頑張って、サルスベリの木肌を残して今日のところは撤退。
もう一回来なければ・・・・。

IMGP0579 (600x432)

小石川植物園-1

秋のN教室のテーマは、「小石川植物園の風景を全紙で描く」ことです。
当初は新宿御苑だったのですが、デング熱騒動で急遽変更になりました。
本番前に下見に出かけましたが、御苑と違って野性味あふれるところです。
10月25日が本番でした。今回は新宿ABクラス合同です。
全紙に初めて挑戦するということで、前回ご紹介した自作の画板の登場です。
イメージした通りしっかりした画板となり、大満足です。
蚊が多く、虫よけスプレーを頻繁にかけながらの挑戦となりました。
ダイナミックな桜の並木やきれいなもみじの並木があるのですが、
あまりにも定型的な絵になりそうで避けました。
選んだのが、シマサルスベリの並木です。
周りも樹木だらけで、描いているうちにどの木の枝かわからなり困りました。
描き進むうちに、他のところにすればよかったとの後悔の念が湧いてきて、
それを打ち払いながら、ようやく半分ほど線描を描き終えました。
残りは別の日に描きます。
これは線描もさることながら、色塗りの方がもっと大変になりそうです。

IMGP0551 (600x412)
プロフィール

shinji

Author:shinji
FC2ブログへようこそ!
大自然、人々の暮らしの美と感動をペン先に込めて…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。