スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子安運河 線描ー2

子安運河の水面の表現で悩んでいたら、なんというタイミングでしょうか、N先生がブログで、水の表現について書いてくれました。
N先生も参考になさったと言う川瀬巴水の作品集を取り出し、先生のブログの絵を参考にしながら川面を線描きしました。
ペンは濃い目のグレーを使いました。
うまくいったのかどうかはわかりませんが、なんとか格好は付きました。
2回目をアップします。

2016年6月子安運河ー2
2016年6月 子安運河 線描 B3
スポンサーサイト

子安運河 線描

佃の船溜まりを描いて、他の船溜まりも描きたいと思って調べました。
水彩画のスケッチャーがよく描いているスポットとして、子安運河が見つかりました。
さっそく子安に向かいました。京急子安駅からほんの数分で運河に出ました。
びっくりしました。船溜まりといった感じではなく、港です。
舟屋が運河沿いにずーっと続いて、こんな景色が東京の近くにあるのが不思議な感じです。
釣り船、漁船、屋形船などがびっしり並んで、描くのが大変そうで、すこし腰が引けました。
常盤橋の上で、さて右側を描くか左にするかしばらく思案して、遠景のマンションの配置の良さも考えて右側にしました。
橋の歩道部分は人通りが少なく椅子に座って描こうとしましたが、欄干がじゃまで、結局立って描くことになりました。
人を入れたいのですが、人がいません。しばらくして漁から帰ってきた船が近くに停まって、人の動きもあったので入れることにしました。
佃の船溜まりでも悩んだ水面の表現が、ここではもっと広範囲に必要になります。何とかなるでしょうか。
線描をアップします。

2016年6月子安運河
2016年6月 子安運河 線描 B3

佃島 船溜まり

佃島船溜まりの色塗りができあがりました。
F6なのですが、意外と時間がかかりました。
新しい家と昔ながらのトタン張りの家が混在しています。
大阪から移住した漁師さんと共に分祀された住吉神社が佃に移ってきて、画面の右にちらっと入っています。
今回一番悩んだのが水面の表現です。
揺らぎやぼかしをペンで描くことができず、水面は線なしで描きましたが,果たしてうまくいったのかどうかはわかりません。
映り込みも入れたので、何とか水面には見えていそうなので、今回はこれでいいかといった感じです。
次も船溜まりを描く予定なので、水面の表現をさらに工夫したいと思っています。

2016年6月佃島船溜まり
2016年6月 佃島船溜まり  F6

佃の船溜まり 線描

佃の天安本店を描きに行く途中で、船溜まりがあることに気が付きました。
どうも気になって、あとでスケッチしました。
ここも東京のスケッチポイントとして有名な処のようです。
私は平日に行ったため、他にスケッチする人はいなかったですが、休日は大勢来ているようです。
高層マンションが立ち並ぶなかで、ひっそり残っている船溜まりは貴重な存在なのでしょう。
線描をアップします。

2016年6月佃船溜まり線描
2016年6月 佃の船溜まり F6

水面に船や景色が映りこんでいるのですが、さてどうやって描けばよいか。
チャレンジです。

佃島 天安本店 色塗り

天安本店の色塗りが出来上がりました。
落ち着いた街並みの雰囲気を出すために、混色を多く使いトーンを落しました。

2016年5月佃 天安本店
2016年5月 佃 天安本店 F8
プロフィール

shinji

Author:shinji
FC2ブログへようこそ!
大自然、人々の暮らしの美と感動をペン先に込めて…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。