スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵のマーケットの変化

先日のN教室は、N先生のご自宅のアトリエで「都市画」の講義でした。
とにかく先生の大きな原画を拝見し、その迫力に圧倒されました。
実際の線をまじかに見ることができ、今後の自分の絵が確実に変わると思いました。
講義の中で、絵のマーケットが20世紀後半から劇的変化を遂げているというお話がありました。
現在のマーケットでも旧来の油絵、日本画が売れなくなり、コミック、CG,イラスト等新しいジャンルのものに変わってきているということでした。
このことで思い出したことがありました。
昨年秋に行われた伊勢神宮の式年遷宮で、漫画「バカボンド」などで有名な井上雄彦さんの墨絵が奉納されたことです。
式年遷宮は20年に一度行われ、その時代を代表する作家の作品が奉納されるそうです。
一般的な見方では、日本画などの代表的な作家の方の絵が奉納されそうですが、コミックの井上雄彦さんが選ばれた
ということは、マーケットの変化、時代の価値観の変化とみていいのでしょうか。

井上武彦 水墨画
奉納された墨絵

以前教室で、井上雄彦さんの「バカボンド」を模写したことがありました。
模写したものをアップします。

バカボンドー1


バカボンドー2
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shinji

Author:shinji
FC2ブログへようこそ!
大自然、人々の暮らしの美と感動をペン先に込めて…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。