山形 米沢

仲間の集まりで、山形米沢に旅しました。
ついでにスケッチをしようと、3つのポイントを決めていたのですが、
一つ目は、描き始めてすぐに雨が降ってきてアウト。
二つ目は、改築中でシートに覆われていてアウト。
三つ目を何とか描くことができました。できましたら後日アップします。
時間があったので、上杉家の史跡の残る米沢の街を散策しました。
上杉博物館を見学しました。丁度上杉家の甲冑の特別展が開催されていました。
img266 (166x400)
甲冑自体は素晴らしいものでしたが、常設展示にもっとすごいものがありました。
それは、上杉本の洛中洛外図(狩野永徳)です。
織田信長から上杉謙信に贈られたものだそうです。
東京での展示会に行けなかったので、ここで出会えて感激でした。
そこでもっと感動したのが、3Dもどきで絵の風景と人物を立体化させ動きを入れた
動画でした。人物が生き生きと動く様は、元の線の力がすごいからだと実感できました。

洛中洛外図ー1 (400x182)
洛中洛外図ー2 (400x181)

夜は米沢の近くの温泉で宿泊。
2次会では、仲間が持ち寄った本当にすごいお酒がテーブルに並べられました。
日頃なかなか口にできないお酒です。

銘酒のそろいぶみ (400x294)
お酒に興味のない人には申し訳ありませんが、右から簡単に紹介させていただきます。
一番右が、「純米大吟醸 三河武士」愛知岡崎の創業300年の丸石醸造の逸品です。
2番目が、知る人ぞ知る山形の銘酒「十四代 秘蔵酒」超レアものです。この中では
一番高価かもしれません。
3番目が、地元米沢の小嶋総本店の「東光の吟醸梅酒」、酒粕で作った焼酎に梅を付け込んで
造ったものです。日本一の梅酒と言われています。
4番目が、「大吟醸 蔵 粋」会津喜多方の小原酒造の逸品です。
5番目が、「大吟醸 裏・雅山流」これも地元米沢の進藤酒造店の逸品です。
6番目が、「純米生酒 雪むかえ」山形樽平酒造の今人気急上昇中の酒です。
これだけそろうと目移りがして、どれから飲んでよいか困ります。
でも、何といっても「十四代」が絶品でした。
それと東光の梅酒が本当にうまかった。こんな梅酒があるのかと驚きました。
帰りに買ってゆこうとしたら、米沢はお酒屋さんが日曜日がお休みでした。
観光地で、日曜に地酒が買えないって・・・・・・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shinji

Author:shinji
FC2ブログへようこそ!
大自然、人々の暮らしの美と感動をペン先に込めて…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR